パーソナルカラー診断、骨格診断、顔タイプ診断を総合したものと自分の好みを掛け合わせて自分を魅せる。

こんにちは、上野理恵です。

 

ずっとデザインに関係する仕事に携わっていますが、

自分自身のパーソナルカラーなどをキチンと診断してもらったり、

理論的に似合う似合わないを聞いたことがありませんでした。

 

私はどちらかというと感覚派なので、

目の前のお客様に似合う洋服やアクセサリーの説明はできても、

理論でまとめてあてはめるという手法ではないので、

自分のことになるとサッパリでした。

 

自分以外の人にインスピレーションは働いても、自分にはちょっと・・・

といった感じです。

 

そんなわけで、Twitterで仲良く交流させてもらっている

Webデザイナー/イメージコンサルタントの斉藤まさみさん(@masapopopo0201)に、

 

パーソナルカラー診断

骨格診断

顔タイプ診断

ショッピング同行

 

をお願いしました。

 

こんな格好でおじゃましました。

 

 

 

顔タイプ診断は以前オンラインで受けていたので、

今回は復習を。

 

 

顔タイプ診断ってなあに?上野理恵の顔タイプはコレ。

 

 

10年ぶりの名古屋!

今月イベントで名古屋行くので下見も兼ねて。

 

 

まずは骨格診断から

 

骨格診断でわかること。

似合うテイストやカタチ、素材など。

タイプとしては3つあります。

 

ストレートタイプ

ウェーブタイプ

ナチュラルタイプ

 

筋肉のつき方や関節の大きさなどを総合的に見て診断します。

私はウェーブタイプ

 

華奢なカーヴィーボディ
身体に厚みがなく薄い、下重心
柔らかな質感

似合うのは華やか・ソフトなファッション
身体に厚みがないので、装飾のあるデザインが得意です。
素材はうすく柔らかい質感のものが似合います。
<span class="su-quote-cite"><a href="https://www.fashion.or.jp/kokkaku/" target="_blank">骨格診断ファッションアナリスト協会HPより</a></span>

 

他のタイプは骨格診断ファッションアナリスト協会HPをご覧くださいね。

 

確かにテロンとした落ち感のある生地や、

光沢のあるキレイ目な生地は似合うけど、

ネルシャツやざっくりカジュアルトレーナーとか似合わない・・・。

 

付いている場所にもよりますが、

装飾のあるお洋服なども割と選びますね。

自分で言うのもナンですが、着痩せファッションは上手い方だと思います。笑

 

 

そしてパーソナルカラー診断

 

みなさんはパーソナルカラー診断ってご存知ですか?

ここ数年、随分世間に浸透してきた気がします。

簡単に言えば、自分の肌の色味に似合うカラー探し、です。

 

人それぞれの目、髪、肌などの色調ともっとも調和して似合う色や配色。
化粧や衣服の選択などに利用される。
色相差、明度差、彩度差などをもとにした複数の分析方法がある。

日本では、100種類以上の色の違う布地などを使いながら、個人と色の調和を評価し、個々の似合う色を割り出す方法が定着しており、これをフォーシーズン法という。
色相と色調をもとに、個人に似合う色を春・夏・秋・冬と名づけた四つのカラーグループに分類する方法である。

まず似合う色相がイエローベースのウォームカラー(暖色系)であるか、ブルーベースのクールカラー(寒色系)であるかを判断し、次に、ベース色をさらに、淡く明るい色のソフトカラーグループと、深みがあり強いハードカラーのグループに分ける。

このようにして分けられた4グループは、
(1)スプリング 暖色系で淡く明るい色が似合うタイプ
(2)サマー 寒色系で淡く明るい色が似合うタイプ
(3)オータム 暖色系で深みがあり強い色の似合うタイプ
(4)ウインター 寒色系で深みがあり強い色が似合うタイプ
となる。<span class="su-quote-cite"><a href="http://urx.blue/Mg5B" target="_blank"> 日本大百科全書より</a></span>

 

私は割とカラーを合わせる必要がある仕事にずっと携わっています。

美容師、アパレル販売員、アパレルデザイナー、Webデザイナー、アクセサリーデザイナー…

全部カラーとデザインを切り離せない世界。

 

仕事柄、メイクアップアーティストの方と関わることも多く、

関わるたびに、

「理恵ちゃんの肌の色味に合わすの難しい!」

と言われてきました。笑

 

というのも、完全に黄味に寄っているわけでもなく、

青味も持ち合わせていて、一概にこのカラーグループなら似合う!

といい切れないところだそうで。

 

まさみさんにじっくり丁寧に合わせていただきました。

 

スプリング

サマー

オータム

ウインター

 

 

まずは4つのグループのどのグループが顔映りがいいか。

スプリングとオータムに絞られました。

 

 

 

その中から特に顔映りの良いカラーはこちら。

 

 スプリング

 

オータム

 

黄味に青味も混じっているので、

スプリングだから、オータムだからすべて似合うというわけでもないので、

雑誌などの自己診断で自分をカテゴライズしてしまうのは良くないなと感じました。

 

診断をふまえてメイクチェック

いつも使っているメイク道具も見ていただき、

ファンデーション、アイカラー。チーク、リップの色合わせ。

あと、顔の額縁と言われてるらしい眉のカタチ!

 

 

・・・そして、いつも使ってるファンデーションが黄味がかりすぎてた。汗

 

黄味が気になるのでベースはピンクにしていたのですが、

青味を足すという発想は正解ということで◎

 

まぶたは小さい頃から赤みががっているので、

赤みを消すベースをオン。

うん、これならアイカラーがキレイに発色しそうだ。

 

ボルドーやカーキをよく使っていたのですが、

上品なブラウンメイクがしたくてどんなブラウンならいいのか合わせてもらいました。

チークも普段自分では選ばないようなカラー!

 

そして出来上がったのがコチラ。

 

 

実は今回、ヘアカラー失敗してまして。

肌の色がくすんで見えてしまうヘアカラーなので、

もう少し今の色から退色して明るくなれば、

もう少しくすみも取れると思いますとまさみさん。

 

ちょっと暗すぎたな。。。苦笑

 

でもどうですか?

眉のカタチは眉山を骨格に合わせていつもより山を内側に。

真っ直ぐ書きがちなラインを緩やかなアーチ状に。

目の形に合わせてアーチ作ると良いと教えていただきました。

 

あとはもう練習のみ!!!

頑張ります。

 

ブラウンメイク、気にいってます。

 

いざ、ショッピングへ。

 

まさみさんがショップに入るたびに

素早く私に似合いそうなアイテムを見繕う!笑

 

私がどんなファッションを目指しているかというと、

仕事柄、自分のデザインしたアクセサリーに合わせることが多いので、

出来ればキレイ目でアクセサリーが引き立つようなコーディネート希望。

あと、黒系は自分で選べるので、普段着ないようなカラーをチョイス。

 

 

このレースのトップス、

ビックリするくらい着痩せして見えます。爆笑

 

マスタードやダークブルーグリーンがこんなに似合うなんて。

まさみさんとキャーキャー言いながら次へ。

 

 

パープルのレースパンツ、自分では絶対手に取らないタイプ。

でも履いてみてビックリ。に~あ~う~

 

グレンチェックのアシンメトリースカートもイイ感じ!

 

他にも大人っぽいワンピースなども試着しましたが、

ウエストの位置が低すぎたり、

トップスは着るときに破れそうなくらい小さかったり、

やっぱりキチンと試着してみないとわかりませんね。

 

あと、一番ショックだったのが・・・

 

肉付きが中年(p・Д・;)

いや、もう中年なんだけどね。

 

・・・筋トレ頑張ります。

 

後日メイク道具一式買い換えました

早速、ファンデーションからチークから何から何まで、

タッチアップして長時間悩んで買ってきました。

失敗したら怖いので(今までコスメカウンターで合わせてもらっても失敗してた

まずはプチプラコスメでお試し。

 

アイカラーをViseeヌーディリッチアイズのピンクがかったベージュブラウン(BE-4)にしてみました。

 

 

あと、グリーンのコントロールカラーも買いました。

 

 

ちょっとわかりにくいですが。笑

しかも一番浮腫んでる日だった。笑

 

まさみさんに撮っていただいた写真とは背景の色も違うので、

なんとも比べにくいのですが、今までより薄化粧でも血色良くなりました。

アイメイクも自然な感じで、色味変えるだけでこんなに違うんだと驚き。

 

これでコスメ選びがまた楽しくなりました。

 

まとめ

自分に似合う診断や、占い、性格診断、あらゆるジャンルにおいて、

人をカテゴライズする手段がありますが、

診断する人によっても結果がかなり変わると思っています。

 

まさみさんは理論的で非常にわかりやすいですが、

それと同時に柔軟性も持ち合わせているので、

人を型にハメようとしないところが非常に魅力的です。

 

たまに聞くんですよ。

「これ好きだけど、私サマーだから無理よね~」

とか。笑

枠にハメすぎて、何も選べなくなってる人もいるのでは?

好きと似合うをミックスして柔軟に考えてみるのが

カラーを楽しむ秘訣かもしれませんね。

 

斉藤まさみさんのイメージコンサルティング詳細はHPへ

i Design
https://i-design-web.com/

 

このサイトをフォローする!

筆者プロフィール

rie-ueno
rie-ueno
上野理恵(うえのりえ)

アール代表兼デザイナー

美容師、アパレル販売員、アパレルデザイナーを経て現在アクセサリーデザイナー、講師として活動中。

数年前にヨーロッパの伝統的な刺繍の一つ、ソウタシエに出会い、技術として取り入れる。現在は独自のソウタシエアクセサリー講座を開催。

ソウタシエだけではなく、ワイヤーワーク、ミシン加工による作品展開など、専門分野は多岐に渡る。

カタチや枠にとらわれない自由な発想とデザインによる完全おまかせのオーダーアクセサリーが一番人気。リピーターも多い。

少しトーンの低い声で繰り出す大阪人特有のキャラクターが親しみやすいとの声も。

パーソナルカラー診断、骨格診断、顔タイプ診断を総合したものと自分の好みを掛け合わせて自分を魅せる。”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください